パウンドケーキ

 
スポンサーリンク

パウンドケーキとは

小麦粉・バター・卵・砂糖を混ぜ合わせ、乾燥果実など加えて焼いたバターケーキの一種。

 

イギリス生まれのケーキ。
もともとは小麦粉、バター、砂糖、卵のそれぞれ1ポンドずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけらました。
生地に好きな果物やナッツ類を入れたりして焼きます。

 

18世紀初頭のイギリスでこの種のケーキが登場。
当時は新たに登場した卵で膨らませるケーキの中でもパウンドケーキは定番として定着しました。

 

 

基本的なパウンドケーキの作り方

 

材料(18×8.5×4.5cmパウンド型1台分)
・バター(無塩)100g
・砂糖100g
・卵M2個(100g)
・薄力粉100g
・ベーキングパウダー2g
・バニラオイル少々
・ラム酒小さじ2

 

 

準備
バター、卵は常温に戻して卵はよく溶きほぐす。
薄力粉、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
型にクッキングペーパーを敷く。

 

 

1.ボウルにバターを入れ、泡立て器で空気を含ませるように混ぜる。

 

2.砂糖を4~5回に分けて加え、その都度しっかりとまぜる。

 

3.卵を少しずつ加えては混ぜ、分離しないようにしっかりかくはんする。

 

4.バニラオイル、ラム酒を加えてさらにかく拌します。
(ナッツやドライフルーツがあれば、ここで加える)

 

5.ふるっておいた薄力粉、ベーキングパウダーを加え混ぜ合わせる。

 

6.型に流し入れる。
表面をならし中央に縦長のくぼみを作る。

 

7.170℃に予熱しておいたオーブンで40~50分焼く。
オーブンに入れて10分くらいたったらナイフで表面に切り込みを入れる。

 

8.竹串をさして生地がくっついてこなければ焼き上がり。
焼き上がったら、すぐに型から取り出す。
(紙型の場合は、型から出さずにそのまま冷ます。)

スポンサーリンク

 

関連ページ

ショートケーキ
スポンジケーキを土台に生クリームをつなぎや装飾として使った洋菓子。
シフォンケーキ
食感が絹織物のシフォンのように軽いことから名付けられたスポンジケーキの一種。
モンブランケーキ
スポンジやタルト台の上にマロンクリームを絞って山のように仕上げたケーキ。
ブランデーケーキ
パウンドケーキにブランデーを染みこませたケーキ。
ロールケーキ
薄く焼いた四角形のスポンジケーキにクリームやジャム、バター、ホイップ、カスタードなどを塗り、 渦巻き状に巻いた洋菓子。
チョコレートケーキ
小麦粉・卵・砂糖などで作った生地にココアパウダーやチョコレートを溶かし込んで焼いたスポンジケーキ。
カステラ
16世紀にポルトガルから長崎に伝来した南蛮菓子の一種。
カトルカール
砂糖を加えてホイップしたバターに溶き卵を加えて乳化させ、粉をあわせて型に入れて焼き上げます。
ガトーショコラ
チョコレートを生地に練りこんで作られた焼き菓子。
シャルロット
外側をスポンジやビスキュイ・ア・ラ・キュイエール、パンの白い部分などで筒状に置き、中にクリーム・果物・ババロアなどを詰めたもの。
ブッシュ・ド・ノエル
ロールケーキを薪に見立て、表面にはチョコレートなどを用いて木の模様を模して塗ったフランスの伝統的なクリスマスケーキ。
キルシュトルテ
ココアの入ったスポンジ生地にキルシュ入りザーネクレームと桜桃をサンドしたドイツのチョコレートケーキ。