モンブランケーキ

 
スポンサーリンク

モンブランケーキとは

マロン系ケーキ。スポンジやタルト台の上にマロンクリームを絞って山のように仕上げたケーキ。


生クリームや生栗を乗せることもあります。

 

名前の由来は、アルプス山脈のモンブラン。
モンブランとは、フランス語で「白い山」を意味し、
このケーキの形がこの山に似ているところから名付けられています。

 

 

モンブラン人気ランキング

モンブランロワイヤル(モンブランKOBE)
しっとりと焼き上げたチョコレートスポンジと柔らかな栗と生クリームで仕上げ、フランス産マロンクリームをたっぷりと絞り大粒の栗と金箔を飾ってゴージャスに仕上げたモンブラン。

 

銀座ル・ブランの「モンブラン」
銀座・新宿の店舗で長年人気NO1の銀座ル・ブランの看板のケーキ。
濃厚な味わいのアーモンド風味のタルトに、なめらかな口溶けのカスタードクリーム。
仕上げに、仏産の栗の特製マロンクリーム。

 

お姫様のモンブラン
ふんわ~り♪たっぷりクリームがモンブランの味を引き立てる重要な要素。
中心の栗はイタリア産の大粒の栗を贅沢に使用。
マロンクリームには隠し味に白あんを使って繊細な味に仕上げています。

スポンサーリンク

 

関連ページ

ショートケーキ
スポンジケーキを土台に生クリームをつなぎや装飾として使った洋菓子。
シフォンケーキ
食感が絹織物のシフォンのように軽いことから名付けられたスポンジケーキの一種。
ブランデーケーキ
パウンドケーキにブランデーを染みこませたケーキ。
ロールケーキ
薄く焼いた四角形のスポンジケーキにクリームやジャム、バター、ホイップ、カスタードなどを塗り、 渦巻き状に巻いた洋菓子。
チョコレートケーキ
小麦粉・卵・砂糖などで作った生地にココアパウダーやチョコレートを溶かし込んで焼いたスポンジケーキ。
カステラ
16世紀にポルトガルから長崎に伝来した南蛮菓子の一種。
カトルカール
砂糖を加えてホイップしたバターに溶き卵を加えて乳化させ、粉をあわせて型に入れて焼き上げます。
ガトーショコラ
チョコレートを生地に練りこんで作られた焼き菓子。
シャルロット
外側をスポンジやビスキュイ・ア・ラ・キュイエール、パンの白い部分などで筒状に置き、中にクリーム・果物・ババロアなどを詰めたもの。
ブッシュ・ド・ノエル
ロールケーキを薪に見立て、表面にはチョコレートなどを用いて木の模様を模して塗ったフランスの伝統的なクリスマスケーキ。
キルシュトルテ
ココアの入ったスポンジ生地にキルシュ入りザーネクレームと桜桃をサンドしたドイツのチョコレートケーキ。
パウンドケーキ
小麦粉・バター・卵・砂糖を合わせ、乾燥果実などを加えて焼いたバターケーキ。