カステラとは

16世紀にポルトガルから長崎に伝来した南蛮菓子の一種。


製法が同じ物を総称しています。

 

小麦粉に鶏卵,砂糖,水飴を混ぜた生地を長方形の型に流し込んで、オーブンで焼いて作ります。
水飴を使っているので、しっとりとした食感があります。
はちみつ、牛乳を加えることも。

 

 

スポンジケーキとの違いは、スポンジケーキは「ふんわり感」を求め、カステラは「しっとり感」を出す傾向が強いです。

 

「長崎カステラ」と呼ばれるものは、長崎市にある福砂屋が元祖と言われています。